archive

月別アーカイブ: 2014年12月

2014 竿おさめ。

2014/12/29

DSCF4475

画像は比良山系。

昨日は、2014最後のBIWAKO釣行。

久しぶりの晴れ・無風で、天気的にはのんびりいい感じになりました。

年末の忙しい時期で、ボートも少ないのかなという予想だったのですが、意外にポツポツ浮いていました。

特に名鉄沖チャンネルラインあたりに集中していました。

波も穏やかで絶好のチャンスとばかりに、南湖をあとに湖東ロックエリアへ一直線。

DSCF4477

画像は、はるか北方、雪をかぶった伊吹山。

ラバージグでディープ狙いとキング・デストロイで岩場の張り出しを集中的に狙いました。

キン・デスでチェイスが3回。

そのうち1匹は65cmぐらいあったと思います!!かなりイラつきながら追いかけてきたのが見えていたのに!!

バイトまで行きませんでしたが、ギル・シェイプが北湖でもかなり効くことをあらためて確認できて、2014のいい竿おさめフィッシングになりました。

今年も一年間、いろいろと応援いただき、本当にありがとうございました。

 

 

キング・デストロイ「BLACK ABALONE”Ageha”」動画UPしました。

2014/12/21

01000

キング・デストロイ「BLACK ABALONE”Ageha”」動画UPしました。

「the DOCUMENT CRIMSON Movie ch.」より、ご覧ください。

キング・デストロイ「ブラック・アバロンAgeha」

2014/12/19

希少なニュージーランド産アワビを、全身に纏わせた「カスタマイズド・モデーロ」。ベースとなっているブラック・カラーが、アワビ特有の青・紫・赤・緑の色彩を包んでいます。
キング・デストロイの後部ボディーの躍動と、それにともなう妖艶なまでのカラーの変化を確認することができます。

年末年始休業日のお知らせ。

DSCF4441

2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)までの期間は、誠に勝手ながら休業とさせていただきます。
なお、商品のご注文につきましては、休業期間中も受注可能となっていますが、出荷業務につきまし

ては2015年1月5日(月)より順次発送とさせていただきます。
大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

『キング・デストロイ』コーティング終了。

2014/12/17

 DSCF4466 爆弾低気圧!!すごいを超えて、すさまじい風です。

車で通ると、BIWAKOは超激荒れ!!デカいウサギが跳んでいました!!しばらく、釣りにならないかもしれませんね。

『キンデス』も、無事にコーティング工程を終えて、一安心しているところです。DSCF4456

クリムゾン・ルアーは、普通のハンドメイド・ルアーと違って、塗装関係だけで約1か月半かかります。

ほんとうに気の抜けない作業の連続を、一呼吸でやったという感じです。

DSCF4465画像は、イエロー・チャート・バック。第2ボディーだけ付けた状態。

次は、組み立て工程です。

すでにご予約のお客様は「来年の春にデカバス狙いに使いたい!!』ということで、それには余裕で間に合いますが、もう一

呼吸気合入れるので、他のご希望のお客様も、あとしばらくお待ちください。

『パンテーラ』「マット・ブルーバック・チャート」。

2014/12/14

DSCF4225

パンテーラ・カラーの説明の続きです。

スタンダードなブルーバックの配色をボディー上下に。

そして中央には、弊社オリジナルのウロコペイント「3DIMENSIONAL 魚鱗 PAINT」を施し、

オリジナリティーあふれるカラーリングになっています。

 

DSCF3813

それをマット・コーティングしているため、その立体的ウロコが、独特のグロテスクな生々しさ

をうまく出せました。ルアー表面のぎらつきさえも嫌う、極端にセレクティブなバスにも、効果

があると思います。

特に野池など濁った水質では、チャートカラーが発色してアピール度を高め、また、逆を突いた

クリアでの使用も、カラーの持つインパクトで効果を発揮するカラーリングです。

 

DSCF3405

これまでにない、独特のマット・ブルーバック・チャートお試しください。

『キング・デストロイ』ブラック系テスト・カラー。

2014/12/10

DSCF4432

販売まで、まだまだしばらくかかりますが、『キン・デス』の黒系カラーの実験中のものです。

画像は、研磨直後なので汚いですが。

野池おかっぱりアングラーの方々から、「濁った水質でも輪郭が目立つように、黒系カラーが欲しい!!」

との声をいただいておりました。

まずイメージを膨らませて、それをいろいろ試しているところです。

イメージは、その野池を支配しているギル。

体色が黒々するまで巨大化。

濁った水質でも、ギルだとすぐにわかるように、エラ~唇にかけてチャートブルー。

DSCF4433

水中でぼわーと光ります。

など…そのへんの単純なブラックカラーにはしたくないので、カラーやウロコにも一工夫したいと思っています。

ちなみに名前はもう決まっていて「BOSS GILL BLACK」です。

だいたいできたら、野池担当テスターによるテストが待っています。

 

『KING MEPHISTO キング・メフィスト』テスト・モデル。

2014/12/5

ブログDSCF4422

来春、リリース予定の『キング・メフィスト』です。

BIWAKOテスト中で、テールの柔らかさ=硬さを調整しています。

やっぱり、ここがキモなんですね。

フォルムは、同じギル系の「カッコいいデストロイ」と違い、「体高のあるギル系」です。

デカいギルになると、背中が盛り上がり、特徴的な円盤形になりますからね。

それに合わせて顔は、見るからにインパクトのある表情に仕上げました。

メフィストは、200mmのS字系。

最初は、体高の高さもあって、大きすぎるかなという感覚もあったのですが、いざBIWAKOで

テストしていると、そんな感覚全ー然。

BIWAKO最大クラスのギルだと250mm程度。

メフィスト程度のギルなら、その辺にゴロゴロいるんでしょうね。

画像ぼかしは、特許取得済のもの。もうしばらくシークレットです。

ブログDSCF4426